9 January / 2014

御茶ノ水KAKADOありがとうございました!&お知らせ

1月7日。
御茶ノ水KAKADOにて

「Chanoと愉快な仲間たち」。
071.JPG

なかなかあんな素敵なミュージシャンが集まり
あんなにあったかいイベントができることはないと思う。

お客さん、たくさん来てくれて、
本当にありがとう。
夜遅くまで残ってくれてありがとう。

出演してくれた
高岩大輝くん、
045.JPG
ミツキノウサギ(友絵)さん
055.JPG
ちえみさん
057.JPG
あべたかしGOLD&キラキラみさこさん
064.JPG
本当に最高です。ありがとうございました!!
084.JPG
谷口さん、KAKADOの皆さん、ありがとう。
085.JPG
だいすきー!


いろんな試みをしてきました。
夢のお話。
福島のうた。
みんなには、どんなふうにうつったかな。
082.JPG
じっと聴き入ってくれた。
ありがとう。
アンコールまでいただいてしまって、
すごく、すごく、嬉しくて
幸せな時間でした。

眠りに着く頃には、
へっろへろでした。笑

人生初の自主企画でしたが、
またやりたいな。
みんな仲良くなってくれて、
すごく嬉しかったの。

そして、今回のライブ音源をCD化いたします。
18日のMAPLEさんでのライブから発売できたらな、と思ってます。
ぜひお手に取ってもらえたら、嬉しいな。

2014年、良いスタートを切れたと思う。
今年もますます走り抜きます!


行きの景色。
035.JPG
お山が綺麗だったんです。
高岩くんのレモン色の車の車窓から。
032.JPG

7 June / 2013

海が恋しくて

今まで訪れた街の中で、
もう一度行くならどこですか、と訊かれたら

ベルギーのブリュージュ
スペインのバルセロナ
そしてフランスのニースとその近郊

と答えます。

留学中は破格で色々なところをまわれるので
同じ所よりも他のまだ知らぬ土地へ行きたいと思うのだけど
それでも再び訪れたかった、ニース。

もともとフランスのもので興味を持っていたものたちが集まる地方なのですが
それらの魅力をぐっと超えたのが、海です。


着いた瞬間、「うわあ、会いたかったんだ、この海に」と思った。
010.JPG
011.JPG


もともと海のある地方に住んだことがなくって
日本にいたときは人生で数える程しか見たことがなかった海。

津波のあとを見てから、
怖くて、大きくて、少し、胸がきゅっとなる、海。

この留学期間中、曲はいく
つか書いたけれど
目の前にある景色に心が揺れてその場で曲を作り上げたのは
ニースの海だけです。

「涙のあと」という曲は
どうしてもここに戻ってきて
海辺で歌いたかった。

Youtubeに動画をあげました。
http://www.youtube.com/watch?v=yyo8C9c8RAs&feature=youtu.be

いろんな想いを込めた歌。
聴いてみてください。




2 May / 2013

海、海、海。

雨続きのなか...

晴ーれたー!
これはsaint jean de luz(サン・ジャン・ド・リュズ)という街の海。
036.JPG
潮風が冷たかった。
でも綺麗!

そしてそしてお目当てのエスパドリーユ!
063.JPG

そして港に出たら絵描きさんがいました。
船の絵が素敵すぎて、購入。
絵

そしてbiarriz(ビアリッツ)という街にも行ってきました。
バスで訪れようと思っていたら、なんとメーデーという祝日でバスは一切動いてない...
しかも電車も少ない。
なんとかバスでビアリッツまで辿り着いたもののそこから街の中心までのバスもない!
往復で6キロ以上歩くことになりました。

でもそのかいあって、綺麗な海!
103.JPG

112.JPG

もうとっても幸せな気分だった。
このあとも雨続きのせいで、
2日間くらいほとんど海も山も見れませんでしたが、
最終日にこのビアリッツの海が見たくて、再訪。

188.JPG
こんな景色を見ながら2時間も歌いました。
193.PNG
こんなところで歌えるなんて幸せだな。

さて次はどこを旅しようか。

30 April / 2013

バスクにやってきた

バスク地方にやってまいりましたー。

バスクといえば
ベレー帽やバスクリネン
エスパドリーユというハンドメイドの靴
豚肉やさくらんぼのジャム
唐辛子などなど。

そしてそして、
フランスのチョコレート発祥の地!

私の大好物のチョコレートを見逃せるわけもなく...笑

image.jpg
ガトーバスクと泡立てホットチョコレート。
チョコレート屋さんでいただきました。

本場のガトーバスク美味しかった!
予想以上でした。

これは作れるようにならねば...


バイヨンヌの街角に描かれていました。
021.JPG

それにしてもあいにくのお天気で、
今日も雨、曇り、雨。

明日は海に行くのにー。
エスパドリーユを探しにいくのです。

29 April / 2013

晴れ間を見つけて。

これからの歩き方を
また少し見据えないといけない時期にさしかかっているような
ゆらゆらとした時の流れ。

どこまで行けるのだろうか。
どこに行きたいのだろうか。

3月11日にここで歌を歌っていたのですが
2013.3.11
一番最初に声をかけてくれた男の子が
「このまま前を向いて歩くんだよ」
「そのまま歌い続けるんだよ」
そう言って1€硬貨をくれました。

あの時の私は、
彼の目にはどんなふうに写っていたんだろう。

いくつになっても
自分が知らなかった感情や
価値観や文化に出会うものだけど
きちんと自分の足で歩かなくちゃな。
002.JPG

明日は初めてギターを背負って
旅に出ます。

雨が続くかもしれないんだって。

でも晴れ間を見つけて歌を紡いでこよう。

私は大きな街より
自然と共生しているところや
緑豊かなところがやっぱり好きみたい。

自然は時には恐ろしいけれど、
やはり偉大だなあ、
生かされているなあと思う。

明日から、バスク地方に行きます。
楽しみだな。

 -