29 August / 2013

「今でも」という歌。

よく考えてみたら、
別れの歌を作ったのは初めてだった。

曲を作り始めて7年経つのに
不思議だ。

私にしては
長い歌詞のような気がする。

別れか出会いか
きっとどちらもある、節目。

5日のライブでは歌うと思う、この曲。



「今でも」

あなた 思いもしなかったでしょう
わたしから 手を離すと
わたしも 信じてきたから
ずっと そばにいると

5つ目の夏がやってきて
わたし たった ひとり
違うところに立っていると
気づいてしまった

心 近づきすぎて
埋めきれなくなった
ざわつく胸の声を
聞こえないふりはもうできない

今でも 愛しい人
今でも 大切な人
それは変わらないのに
あなたに 声は もう届かない

あなた そのままでいいと言い
わたしを 抱き寄せた
あなた 初めて愛のかたち
わたしに 教えた人

髪を撫でる仕草も
愛しく笑う瞳も
全部忘れるだなんてこと
わたしには きっと できない

今でも 愛しい人
今でも 大切な人
それは変わらないのに
あなたに この手は もう届かない

さよならと言ったあなたに
同じように返せずに
今までの日々を消し去ること
わたしには できない

もっと ありがとうと
もっと 大切だよと
最後に伝えておきたかった
あなたに 届くうちに

今でも 愛しい人
今でも 大切な人
それは変わらないのに
あなたには もう届かない
あなたには もう届かない