29 April / 2013

晴れ間を見つけて。

これからの歩き方を
また少し見据えないといけない時期にさしかかっているような
ゆらゆらとした時の流れ。

どこまで行けるのだろうか。
どこに行きたいのだろうか。

3月11日にここで歌を歌っていたのですが
2013.3.11
一番最初に声をかけてくれた男の子が
「このまま前を向いて歩くんだよ」
「そのまま歌い続けるんだよ」
そう言って1€硬貨をくれました。

あの時の私は、
彼の目にはどんなふうに写っていたんだろう。

いくつになっても
自分が知らなかった感情や
価値観や文化に出会うものだけど
きちんと自分の足で歩かなくちゃな。
002.JPG

明日は初めてギターを背負って
旅に出ます。

雨が続くかもしれないんだって。

でも晴れ間を見つけて歌を紡いでこよう。

私は大きな街より
自然と共生しているところや
緑豊かなところがやっぱり好きみたい。

自然は時には恐ろしいけれど、
やはり偉大だなあ、
生かされているなあと思う。

明日から、バスク地方に行きます。
楽しみだな。